カテゴリ:ポエマーうたこどん( 4 )

彼は私にとって靴の存在

やっと見つけた 自分にとってぴったりの靴を


今まで、外見値段だけで見て飛びついたものはすぐダメになる

もっとその靴の特徴を考えて使えたなら、より長く履けたかもしれないのにね

無理して履き続けても無駄だし、修理しても傷跡が残ったまま

気に入った靴は毎日毎日履き続けるから、靴の方からギブアップしてボロボロ…

いいなぁと思って買ったのに、履き心地に慣れすぎたかな

その繰り返し 自分に合う靴なんてホントはないかもって思うようになった



自分が靴に合わせるのか 靴が私に合わせてくれるのか



今までそう思ってたけど

ある日突然 あれ?こんな靴いた?て気づいた

靴が地味に「よかったら履いてくれませんか」とアピールしてきた

試しに履いてあげたら、意外に合う!


靴が私に合わせてくれた


今まで無理して自分が靴に合わせてたけど

素の自分の足を

汚いところだってあるのに(笑)わかってて包んでくれる 

何より毎日履いてて靴だって大変なのに、黙って靴は私を大切に守ってくれる

そんな靴があったなんて


やっと出会えた 世界にたった一つだけの靴

例え靴が年を取ってボロボロになっても(笑)

大切に扱いたいと思います



でも最近、昔捨てたはず の靴が「もう一度私を履いて」ってアピールしてくるんだよね

私は一生ものの靴を見つけたってこと 知らないからなぁ

とりあえずその昔の靴があきらめるまで、無視して封印しておかないと
[PR]
by utakodon | 2013-06-01 00:00 | ポエマーうたこどん

およそ一年振りの再会…

しばらく放っといてたよね…元気にしてた?

不思議だね

あんなにずうっとそばにいたのに、ある時が来たら離れて行くなんて…

そばにいた時は気が付かなかったんだ

こんなにも私の事を、あたたかく守ってくれていたのに

あなたが熱くなりすぎたから、私嫌になって

他の便利な方にのりかえたけど

やっぱりあなたが一番いいって、わかったの

ごめんね

今度はちゃんと大切にするからね

でも久しぶりだから、ちょっとまだこの距離感慣れないなぁ…

触るとドキドキしちゃう…ねぇいいかな?まだ早い?





…カチッ…ブオオ~…なんか臭~い(>З<)

以上 題して「うたこどんの部屋のストーブ君へ」の詩でした

天気予報では今週末、旭川は雪だそうです ♪冬が~始まるよ♪

d0094249_23195236.gif

                    ↑よろしくお願いします
[PR]
by utakodon | 2007-10-10 23:17 | ポエマーうたこどん
先日、ランチで洋食屋さんへ行った

ハンバーグセットにしようかな♪と最初思ったけど、メニューの下に「ポークカツ」とあったので

へえ~あんまり食べたことないし~と思い、そのポークカツを注文してみた(^м^)

出てきたのはっ…SO♪ 

「とんかつ」

…そりゃそーだ(゜ ゜;) ポーク=豚肉だよね…私っておばか…

それなら近所の定食屋の方が、安いしごはんとキャベツお代わり自由じゃんっ

まっ「おしゃれ~なとんかつ食べた」と思えばいいか

ふむふむ。同じものでも、日本語と英語、言葉の言い方よって違って聞こえるんだなぁ

じゃ~うたこどん 英語にすると…(’ ’)

ア ボール オブ ポエム ? ポエムボール ?

すてき~フランス語みた~い(>З<) ボンジュール シメサバ~

翻訳のプロの方、もし間違ってましたら直して下さいませ

d0094249_23245580.gif

                             ↑よろしくお願いします♪




[PR]
by utakodon | 2007-08-24 23:36 | ポエマーうたこどん

わがままなご主人様です

普段は必要ないからってさ~
「邪魔っ」「場所とる~」
…って単なる置き物扱いじゃない?
ホコリまでかぶってない?

とっても必要になってくると
ずっとそばにいて動かないくせに。

こないだなんて、久しぶりに
相手にしてくれたと思ったら

「なんか臭~い」「早くしてよ~」
とか言い始めるし。
かと思えば

「熱いっもういいわ」
と捨てゼリフ??
すぐその場を離れちゃったね。

もうそばにいてあげないよ~
今いなくなったら困るでしょ。

ほんと、ご主人様はわがままなんだから。

でも、一時期だけでも
私を必要としてくれるなら…

ほんの一時でも
そばにいてくれるなら…

私はそれでうれしいのです。


…うたこどんの部屋のストーブより…
[PR]
by utakodon | 2006-11-25 11:37 | ポエマーうたこどん

八戸っ子・詩子の雑日記☆


by utakodon