「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:3.11 大震災( 7 )

家路を急いだあの時

「津波が来るぞ~」

と聞かなかったら、私はどうなってたか…




悲観の日々はもう終わり




今日は何処何処で震度1かぁ

そろそろ乾パン・缶詰の賞味期限切れそうだなぁ

水なくなりそうだから、また箱買いしとこ




そんな日常です
[PR]
by utakodon | 2013-03-11 19:58 | 3.11 大震災

3.11

まだまだ
色んな複雑な思いがありますが…
一言で言うと
「生きていかないと」

最近は…
もう「被災地・被災者」
とは言われたくないなと思ってます

[PR]
by utakodon | 2012-03-21 18:31 | 3.11 大震災

ラスト

そして第1位はっ:東日本大震災。。。

八戸も被害があり、私の所にも津波が来ました。

停電。

山のようなガレキの跡。

物資不足。

避難所で過ごし会社に通った数日間。

全てが復旧出来るわけではない、亡くなった人は戻ってこないんだから…。

震度1でも敏感になった。

心のキズは一生消えないけど、自然の恐ろしさを忘れず、向き合って前向きに生きていきたい。

改めて…今年もうたこどんを見ていただきありがとうございます。

皆さんのコメントや訪問者数に励まされたおかげで、
今まで続けてこられたと思います。


バリショエ・スパスィ―バ!へば皆様…良いお年を!!
[PR]
by utakodon | 2011-12-31 22:40 | 3.11 大震災

あの日から3ヶ月

八戸でも、相変わらず余震は毎日続いてます。
今でも避難所生活の方々がいます。
閉店せざるを得なかったお店もあります。
それでもまだ元の状態には完全には戻ってないけど、復旧しつつあります。
被害の大きさは場所によって違うけれど、トラウマは皆同じ。

でも、人間って強い
こういう状況になっても、時間をかけてなんとか立ち直りつつあるから。
今後も、一生地震は続くでしょう。
色々な心配事も増えてきます。
でも、あの日の恐怖におびえたままではいけない
『頑張れ』って言葉は、一被災者の立場で言うと、今は本当は聞きたくない。
簡単に言って欲しくない。
(相手の立場になって心からおっしゃってる方々もいますので、失礼ならごめんなさいね)
同じつらさを持った人間同士は、そのような言葉をかけてないかもしれない。
『上を向いて歩こう』がいいかな。

最後に…救援物資を送ってくれた全国の皆さん、
心配して連絡くれた全国の友達や仲間達、
助け合い協力し合った地域の方々、
本当にありがとうございました


被害が大きかった地域の方々の、一日も早い復旧と、笑顔や元気が戻りますように。
[PR]
by utakodon | 2011-06-11 22:00 | 3.11 大震災

あの日から2ヶ月

最初の1ヶ月はあっという間に過ぎたが、
その後の1ヶ月は長~く感じた(´-ω-`)


毎日毎日の余震・下船病・ガソリン不足・
食料不足・電池不足(>_<)


現在は少しずつ落ち着いてきて、表面上は何事もなかったように日々淡々と過ごしているが、

爪跡は大きい。

ガレキの山々はまだまだある。
被災した者同志、慰めの言葉が見つからない。
頑張ろうと言ったり、言われたりしても。

それでも皆、何とか乗り越えてきてる。
いつまた地震が来てもいいように、対応出来るようにしてるから。
[PR]
by utakodon | 2011-05-11 21:27 | 3.11 大震災
八戸は震度5強。
仕事中だったため、机の下にもぐるのが精一杯。
即停電。
電話もパソコンも使えないため皆帰宅。
渋滞してもうすぐ家という所で、通行止め
『ここはダメだ。
津波が来るぞ』
と言われ、
家に帰れず母校の小学校へ避難。
真っ暗で家族は見つからない
高台にある親戚宅へ向かい、ろうそくで一夜を過ごした
親戚皆無事だったが、結局家族にはその日会えなかった。

街灯も信号機も点いてない真っ暗闇の中で、その夜は
今まで見たことないくらい
星がとても綺麗だった。

[PR]
by utakodon | 2011-04-11 22:32 | 3.11 大震災

耐えるしかないね

d0094249_23251165.jpg

[PR]
by utakodon | 2011-03-31 23:25 | 3.11 大震災

八戸っ子・詩子の雑日記☆


by utakodon